千葉雄大の学歴まとめ!高校は仙台三高で偏差値は66?玉川大学で学部も確認!

子犬のようなベビーフェイスで、天使のような笑顔を見せてくれる千葉雄大さん。

彼に癒される世の女性は多く、「あざとカワイイ」という新ジャンルを確立しましたね。

そんな千葉雄大さんですが、どのような学生時代をすごしてきたか、気になっている人も多いと思います。

今回は、千葉雄大さんの学歴について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

千葉雄大の学歴を調査!出身中学は高崎中学校?

千葉雄大さんは、宮城県多賀城市出身です。

両親ともにガソリンスタンドを経営しており、地元では千葉雄大さんの実家ということで有名なんだとか。

多賀城市立城南小学校に通っていた千葉雄大さんは、過去に出演したバラエティ番組で、母校を訪れていました。

2012年3月17日に放送された『世界一受けたい授業SP』では、クイズに正解すると、100万円の図書がプレゼントされるという企画に参加しています。

見事、100万円をゲットした千葉雄大さんは、母校に図書を寄付しに行ったことを報告していました。

きっと母校の生徒からは、大変感謝されたでしょうね。過去に100万円分も図書を寄付した人はいないでしょうから、千葉雄大さんはレジェンドのような存在でしょう。

千葉雄大さんは華奢で細身のイメージがありますが、小学生時代は少々ぽっちゃり気味だったそうです。

女の子にもかなりモテたそうで、バレタインチョコレートは同時に2人からもらったそうです。

ぽっちゃり気味だったといいますが、体型なんて気にならないほど魅力的だったのですね。

実は「人生最大のモテ期は幼稚園時代」と語っていたほど、千葉雄大さんは子供のころモテモテだったようですね。

なんと、幼稚園時代にはバレンタインデーにチョコを10個ももらったそうです!きっとクラスで圧倒的人気だったのでしょうね。

たしかに昔の画像を見てみると、幼いころから目がぱっちりしていますし、モテるのも納得です。

千葉雄大さんには弟がいるのですが、長男ではじめての子供ということもあり、小さいころから母親に厳しくしつけられてきました。

水泳や体操教室、ピアノなどを習っていて、発表会でピアノの演奏を披露したことがあります。

子供のときから海外にあこがれていた千葉雄大さんは、特にエジプトが好きだったため、考古学者になるのを夢見ていました。

2019年1月19日に放送された『日立 世界ふしぎ発見!』では、ミステリーハンターとなって、念願のエジプトに行くことができました。

このように色々なことに興味がある活発な小学生だった千葉雄大さん。休み時間はドッジボールをしたり、学級委員に立候補したこともありました。

同級生ももちろんのこと、ママたちの間でも評判だったに違いありません。

小学校卒業後は、高崎中学校に進学しました。

当時の写真がいまの千葉雄大さんと違う・・・!と話題になっているようです。たしかに目が細く、なんだかもっさりしているように見えますよね。

かなり変化があるので、整形しているのでは?とい噂が浮上するほどでした。

まあこれは写りのタイミングが悪かっただけで、整形したというのは無いと思います。

中学時代は、軟式的テニス部に所属し、副部長も務めていたそうです

外の部活だったので、真っ黒に日焼けするほど練習に打ち込んでいたそうですよ。今の美白な千葉雄大さんからは、想像できないですね。

当時はアナウンサーになりたかったそうで、卒業アルバムにも将来の夢を書いていました。

千葉雄大さんほどのイケメンがアナウンサーになったら、番組に引っ張りだこ間違いなしですね。

「お母さんへ いつも仕事へ行って帰ってきたら家事こなし。ごくろうさま。部活でいそがしくて、なかなか手伝えなくて、でもヒマな時は手伝うよ!がんばれ!親愛なる母へ。by雄大」
おしゃれイズム

中学の卒アルには、しっかり母への感謝も書いていました。こんなことを言われたら、お母さんも泣いちゃいそうですね。

ちなみに、中学時代に好きだったバンドは、『ASIAN KUNG-FU GENERATION』。千葉雄大さんの青春ソングで、いまでも“千葉Pod”の中に入っているそうですよ。

千葉雄大の出身高校は偏差値66の仙台三校!高校時代の画像を確認!

千葉雄大さんの出身高校は、宮城県立仙台第三高等学校です。

この高校は宮城県屈指の進学校で、現在共学になっているのですが、2008年までは男子校でした。

千葉雄大さんが男子校出身というのは、かなり意外ですね!

現在はスーパーサイエンスハイスクールに指定され、理科と数学に特化している学校となっているようです。

千葉雄大さんは推薦入学で進学したそうで、中学時代がかなり成績優秀だったのでしょうね。

しかし、千葉雄大さんは高校に入学したてのときに、早々に病気で手術を受けることとなってしまいました。

そのため、何日か入院し、やっと退院して登校したときには、友達の輪に入ることができなかったそうです。

「高校に入学したてのときって、友達作りは最初の1週間くらいが勝負じゃないですか。僕はそこで失敗してしまって。孤立して、休み時間に窓際の席で突っ伏してるみたいな。全然眠くないんですけどね。目ギンギンで周りの話聞いてるんですけど」
RESUMEDHIAより引用

入院している期間に、高校では合宿があったそうで、クラスの人間関係ができあがってしまい、溶け込めなかったのでしょう。

当時は自分が何をすべきなのか、何をしたいのかまるで見えなくて悩んでいたとインタビューで語っています。ちなみに千葉さんは高校に入学して早々に病気になって手術を受けるために入院しています。

その間に学校では合宿があり、クラスの人間関係なども出来上がってしまいました。

そのため、暗い高校生活を送っており、「何をするべきなのか」を模索する日々だったそうです。

部活にも入らずに、大人しくて無口な存在だった千葉雄大さん。しかし本心は、「みんなの前ではっちゃけたい」「目立ちたい」と思っていました。

また、中学時代ひたすら猛勉強していたため、その反動で勉強に身が入らなくなってしまいました。

学校もサボりがちになり、成績もどんどん下がってしまいます。

洋楽が好きだったので自然と英語が得意になり、ライブハウスに行ったりとアクティブな一面もありましたが、将来の夢が見えない日々が続きました。

高校2年生の夏ごろに、「このままではまずい」と思うようになり、再び勉強するようになったそうです。

すぐに順位が100位ほど上昇したといいますから、自頭が本当に良いのでしょうね。

高校時代に映画「CHICAGO」を観たことがきっかけで、将来は映画関係の仕事をしたい、と考えるようになりました。

既に地元でモデル活動をしていたそうで、このころから芸能界を意識していたのでしょうね。

そのため、高校の学園祭など行事にはほとんど参加できなかったそうです。

千葉雄大さんは、青春を満喫できなかったため、「10代に戻れるなら絵にかいたような青春を体験してみたい」と話しています。

ずっと陽キャのイメージがあるので、千葉雄大さんが高校生活に未練があるのは意外ですね。

2016年5月18日放送の『あいつ今何している?』に出演した際は、クラスメイトからのコメントで、千葉雄大さんの印象について明かしていました。

暗い奴だと思われていると感じていたのですが、実は千葉雄大さんは、『憧れの的』と思われていたんだそうです。

クラスメイトは、「友達・ファンとして応援している」と話しており、千葉雄大さんは感動して目頭を熱くしていました。

千葉雄大さんはこのことがきっかけで、同窓会の幹事をしたいと思うほどになったそうですよ。遅ればせながら、青春を取り戻せると良いですね!

千葉雄大の最終学歴は玉川大学!アルバイト先はスタバ?

千葉雄大さんは高校卒業後、玉川大学リベラルアーツ学部へ入学しています。

センター試験を受けて合格したようで、千葉雄大さんのレベルだったら一般試験を受けなくても余裕だったのでしょうね。

もともと第一志望は映画製作を学ぶことができる大学だったのですが、受験に失敗してしまい、玉川大学に進学することになったようです。

リベラルアーツ学部は、専門分野を学んで人材育成する学部です。

千葉雄大さんは高校の授業に物足りなさを感じていたため、専門知識を学べる大学を選んだようです。

入学した学部は、もともと目指していた分野とは異なるものの、理系・文系を問わない内容の勉強ができるところで、文学研究やデザイン、プログラミングなど幅広い分野の授業を受けることができました。
進路ナビより引用

大学時代は高校時代に比べて、非常に充実していたそうですよ。

音楽好きだったのでバンドを組んだり、サークルにも入っていました。

また、スターバックスでアルバイトをしていたそうで、かなり充実した大学生活だったようです。

当時は「スタバにカッコイイ人がいる!」と噂になっていたようで、千葉雄大さん目当てのお客さんもいたのでしょうね。

千葉雄大さんは、芸能デビューしてから玉川大学に訪れていないものの、学習院大学や東京国際大学などほかの大学の学祭で、トークショーをしています。

きっと玉川大学の生徒は、「なんでうちに来てくれないんだ・・・」と嘆いていたでしょうね。

当時は芸能界にそこまで興味はなく、普通に就職するつもりだったそうです。

「まず映像の制作に興味があったので、制作会社、配給会社、テレビ局。アナウンサーにもちょっと興味がありました。それから客室乗務員、ウェディング業界、あ、あとラジオ局も考えてましたね」
RESUMEDHIAより引用

また、もとから英語が好きだったので、語学留学も視野に入れていました。結果的に芸能デビューしたため、実現しなかったようですね。

そんな千葉雄大さんは、大学1年生のときに、『Toppa2』のモデルに選ばれ、デビューしています。

同時に、常連だった美容院のカットモデルになったことがきっかけで、雑誌に載るようになります。

もともと「タダでカットしてもらえるからラッキー」と考えていたら、いつのまにかヘアカタログに載るようになります。

そして、「スナップ写真を撮らせてほしい」と言われて掲載された写真が、ファッション雑誌『CHOKi CHOKi』の編集部の目に留まります。

それから、あれよあれよというまに『CHOKi CHOKi』の専属モデルとなりました。

そして、モデルとして活動している様子が芸能事務所の目に留まり、2009年9月に芸能事務所『イーコンセプト』に所属することとなりました。

そして、『天装戦隊ゴセイジャー』のオーディションを受け合格します。

千葉雄大さんはオーディションに絶対に受からない、と思っていましたが、最終オーディション近くまで進んでいくうちに、「絶対に受かってやる」と思うようになりました。

最初は学業との両立を考えていて、卒業したいという思いもありました。そのため、大学の中退は非常に悩んだようです。

いずれにせよ忙しくて大学に通えないと考えていた際に、大学の教授が「自分の道が決まったなら、大学をやめて進みなさい」と助言してくれたそうですよ。

そして、玉川大学は中退することになります。

ちなみに、千葉雄大さんは大学時代に好きな人ができて、告白して付き合うことになりました。

あらかじめ告白のシチュエーションを練習していたのですが、実際は駅のホームになってしまったそうです。

無事OKをもらって交際に発展しますが、ほどなくして芸能活動が多忙となり、大学中退後に自然消滅となってしまいました。

「ゴセイジャー」に出演した際には初めての演技経験だったので、かなり苦労したそうですよ。

たしかに、下積みなしでいきなり現場に入るなんて、普通は考えられないですよね。

撮影現場では厳しい言葉をかけられたり、注意されることも多かったのですが、千葉雄大さんは厳しくされた方がやる気が出るタイプだったそうです。

このオーディションから千葉雄大さんの人生が変わり、結果的に大成功となってよかったですね!

まとめ

今回は、千葉雄大さんの学歴について、紹介しました。

高校までは地元の学校に通い、宮城県立仙台第三高等学校という県内屈指の進学校出身でした。

玉川大学に進学するも、芸能活動をするにあたり、中退していたのですね。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です