千葉雄大は頭いい!英語力が話題?英語スピーチの動画で徹底調査!

千葉雄大さんといえば、「あざとかわいい」という新たなジャンルを確立し、多くの女性ファンを魅了している俳優さんですよね。

さらに、可愛いだけではく、千葉雄大さんは英語もすごい!と話題なっているようなんです。いったいどほどの腕前なのでしょうか?

今回は、千葉雄大さんの英語力について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

千葉雄大は頭いいし英語力がすごい話題!世間の声や評判と確認!


千葉雄大さん、実は英語が得意なことでも知られています。

以前はEテレの英語番組「ボキャブライダー」に出演し、英語をマスターしていく青年役もしていました。

アドリブでさらっと英会話ができるくらい、かなりの語学力を持っているようです。

さらに、NHKの「あさイチ」にゲスト出演した際は、「今がチャンス!家から出ずに学べる英語」と、オンライン英会話学校などの紹介がされたのですが、その際も流ちょうな英語を披露していました。

コーナーの最後で架空の名所の絵が描かれたフリップを見せられた千葉は、その絵を英語で説明したのだ。
「ネット上では放送直後から『ばーちーの英語力にびっくり!』『顔もイイけど頭もイイ』『さらっと英語しゃべっちゃうんだ』など、驚きの声が相次ぎました。
千葉は、宮城県の有名進学校を優秀な成績で卒業し、玉川大学リベラルアーツ学部に進学(のちに中退)。千葉が主演を務める2018年10月期放送の深夜ドラマ『プリティが多すぎる』(日本テレビ系)がアジア各国でも同時放送されることになり、フランスのカンヌでワールドプレミアが開かれた時は、千葉がインタビューや挨拶に流暢な英語で対応していましたから、ファンの間ではすでに英語力の高さは知られていたようです」
プライムニュースより引用

「バーチ―は英語も完璧!」ということで、発音もとてもきれいで堂々と話す姿にギャップを感じたファンが多かったようです。

カンヌのワールドプレミアでは、恥ずかしがらずに積極的に話そうとする姿勢が見えて、こちらも見習いたいくらいですよね。

2018年10月スタートのドラマ「プリティが多すぎる」で主演を務め、そのワールドプレミアがフランス・カンヌで行われました。

世界最大級の国際映像コンテンツ見本市「MIPCOM」で舞台挨拶に登場し、会場にいたアメリカの業界関係者にドラマPRしたのです。

「今回のワールドプレミアに向けて2週間ほど集中して英語を勉強したのですが、またさらに英語を学んでいきたいという欲が出てきました。一番大事なのはコミュニケーションをとることなので、今後は共通言語として英語を話せるようになって、広がる会話力を身に着けたいです」
と語っていましたが、ボキャブライダー出演の効果も多少はあったのでしょう。
IPPONNEWSより引用

英語を話せる芸能人は多数いますが、千葉雄大さんは2週間という短期間で集中して勉強したようです。その短期間で話せるのは、本当にすごいですね・・!

「プリティなイケメン俳優」という可愛いという魅力が前面に押し出されている千葉雄大さんですが、英語も堪能で頭もいいなんて、完璧すぎます!

もともと学生時代から英語は得意科目だったのですが、仕事で英語を話す機会が増え、さらに習得に力を入れているみたいですね。

千葉雄大の英語スピーチが完璧?動画で確認!

千葉雄大さんは、たびたびその英語力を披露しています。

2018年に千葉雄大さんと出川哲朗さんがイメージキャラクターを努めた「ベネッセ進研ゼミ」のCM発表会で、オンライン英会話講座にチャレンジしています。

基本的な会話ではありますが、先生に尋ねられた質問に対し、伝えたいことを臆することなく伝えています。

英語の会話能力のみならず、コミュニケーション能力が高いこともわかりますね。

千葉雄大さんは、2014年4月から同社のCMキャラクターにも起用されており、知的なイメージにぴったりですよね。

美声なので、英語が綺麗で耳にスーッと入ってくる感じがします。仕事の幅が広がり、英語を使う機会が増えたというのも、上達した理由なのでしょう。

2018年4月からは、語学番組「ボキャブライダー on TV」(NHK・Eテレ)に出演していたので、ますます英語が上達しているようです。

『ボキャブライダー』では、同じく英語が得意なりゅうちぇるとのやりとりが面白い!と好評でした。

「ボキャブライダー on TV」は、“言えそうで言えない英単語を紹介する語学コメディ”という新しいジャンルのドラマでした。

学生時代から英語が好きだったので、ずっと勉強はしている千葉雄大さん。なんとなく聞きとれるものの、話すのは苦手だそうで、海外旅行に行くときに「話したい」と強く思うようになったそうです。

千葉雄大さんが英語を好きになったきっかけについては、高校時代に洋楽が好きで、歌詞を調べていたことがきっかけだそうです。

『オアシス』などの音楽を聞いて歌詞を覚えていくうちに、だんだん英語が面白くなっていったそうです。

千葉雄大さんは日本語なまりがあり、発音が完璧とは言えませんが、とても聞き取りやすい発音をしていますね。

ドラマ『プリティが多すぎる』の記者会見で流ちょうな英語を披露しており、英語を勉強中ということなので、今後さらに上手な発音になっていくでしょう。

千葉雄大の英語の勉強法も調査!

千葉雄大さんは、高校は地元にある仙台第三高等学校に通っていました。難関進学校に一般受験で合格していますので、もともと頭が良いんですね。

その後、玉川大学に進学し、芸能活動が忙しくなったため、中退しています。

これまでに語学留学の経験はなく、本場の英語に触れたことはないそうです。たしかに、「日本人が上手に話す英語」という感じがしますし、文法も丁寧です。

千葉雄大さんは、玉川大学リベラルアーツ学部に通っていましたが、この学部は専門分野を幅広く学んで人材育成をすることが目的です。

必修科目に英語があったそうで、継続して勉強していたのですが、戦隊シリーズのオーディションに受かってから、中退することとなりました。

自分なりの勉強法については、以下のように答えています。

「例えば、好きな音楽で英語が出てきたときに意味を調べたり…好きなことと関連つけて勉強できたら、いいんじゃないかなと思います」

ー中略ー
「根詰めてやろうとすると集中力切れちゃうので、適度に休憩入れながらやるのがいいと思いますね」
進研ゼミHPより引用

さらに千葉雄大さんは、洋楽で英語を勉強し、自分の趣味と関連付けて英語を覚えていました。

また、英語の勉強で集中が切れてしまった際に、適度に休憩するようにしていました。

「僕は映画もすごく好きで。字幕とか見て面白いフレーズがあったら『どういう意味なんだろう?』って調べて、家族に使ってみたりとか…。日常に英語を持ってくると、もっと好きになれるんじゃないかな」
進研ゼミHPより引用

俳優という職業もあり、洋画で英語のフレーズを調べたり、実際に使うことを心掛けているそうです。

日本にいながら多忙な俳優業をこなし、英語力を養うというのは本当にすごいですよね。

単語や熟語を暗記するという一般的な勉強もしていたのですが、大好きな洋画を字幕ありで何度も見て、ストーリーを暗記するくらい慣れてきたら、字幕無しで繰り返し見ていたそうです。

そうすることで、英語のセリフを日本語に変換できるようになり、言い回しなどを学ぶことができました。

実際に全て真似できるかというと難しいと思いますが、千葉雄大さんは映画が大好きだからこそ、続けられたのでしょうね。

また、お母さんがとても教育熱心だったそうで、幼い頃から勉強することが習慣づいていたのかもしれません。

千葉雄大さんは、自分の学習方法が座学メインだったため、

会話で英語力を伸ばすというオンラインレッスンに興味津々だったそうです。

都内で開かれた進研ゼミの英語スピーキングアプリの会見では、

外国人講師と流暢な英語を話しながら自身の英語学習ほうについて話をされていました。

英語のせりふの覚え方を問われ、「日本語の場合は文章で覚え、英語の場合は音で覚えるようにしています」と明かした。
Yahooニュースより引用

千葉雄大さんは、英語のセリフは音で覚えるようにしているそうで、日本語訛りがあるものの、日常会話はまったく問題ないほどの英語力みたいですね。

まとめ

今回は、千葉雄大さんの英語力について、紹介しました。

海外メディアの前でも臆することなく、堂々と英語を披露する姿勢はかっこいいですね!

留学経験はなく独学で学んだようで、洋画や洋楽を見聞きして暗記することから始めたそうですよ。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です