加藤シゲアキの出身は大阪府豊中市のどこ?広島との噂も!幼少期や子供時代の写真も確認

加藤シゲアキさんといえば、ジャニーズのアイドルグループ・NEWSのメンバーで、小説家としての顔も持っています。

マルチに活躍している加藤シゲアキさんは、10代からずっと第一線で活躍している才能あふれる方です。

そんな加藤シゲアキさんですが、出身地が意外な場所だと話題になっているようなんです。

今回は、加藤シゲアキさんの出身地について、調査しました!ぜひ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

加藤シゲアキの出身は大阪府豊中市のどこ?

加藤シゲアキさんは、広島県で誕生しました。

加藤シゲアキさんは10歳から横浜で過ごしているので、関西弁なまりは無いですね。両親も関西人ではなかったのでしょうか。

広島県広島市で誕生した加藤シゲアキさんは、4歳から10歳まで大阪府豊中市で暮らしています。

幼稚園は広島市の保育園に入園し、豊中市の幼稚園に転園したのでしょう。

豊中市に住んでいた際は、「急行が停まる駅から一駅乗り、各駅停車しか停まらない駅で下車し、幼稚園に通っていた」そうなので、阪急宝塚線の岡町駅近くだと予想されます。

以上のことから、豊中幼稚園か超光寺幼稚園の可能性がありますね。

加藤シゲアキさんは、幼稚園生の時代から絵本を描いていたそうで、当時から25歳までに小説を書くと決意していました。

本当にその目標を実現させてしまうのですから、すごいことですよね。

そして、豊中市内の公立小学校に入学し、10歳で横浜市の小学校に転校しています。

ご両親が転勤族だったようで、なかなか一箇所に定住しなかった子供時代。そのため、人見知りが激しく、なかなか友達ができなかったそうです。

加藤シゲアキさん、10歳から神奈川県横浜市に移り住んでおり、地元は横浜市になるみたいですね。

高校のときはよく渋谷で遊んでいたそうですから、完全なる横浜ボーイですね。

神奈川県横浜市立北綱島小学校に転校してからも、なかなか周囲になじむことはできず、自分の気持ちをおさえるような性格だったそうです。

加藤シゲアキの出身地は広島との噂も!場所はどこ?

大阪府と横浜市で育った加藤シゲアキさんですが、産まれは広島県広島市です。

加藤シゲアキさんの父親が秋田県出身、母親が岡山県出身という情報がありました。

広島県は岡山県の隣の県なので、母親の地元近くで生まれたということでしょうか。

母が「里帰り出産」をするために、広島県にすんでいたのかもしれませんね。

小学校1年生から塾で毎日勉強していた加藤シゲアキさんですが、幼い頃から芸能界に興味がありました。

中でも元SMAPの香取慎吾さんに憧れており、小学4年生の時に、母親がジャニーズ好きの友人に相談したところ、履歴書を送る流れになりました。

しかし、なかなか返事がこず、すっかりあきらめていたところ、なんと2年後に連絡が来て、オーディションに合格しました。

おそらく芸能界にあこがれを持ったのも、幼少期から度重なる転校を繰り返したことが、影響している可能性があります。

転校で友達と離れ離れになってしまい、新たな友達を作るのには非常にエネルギーを使いますよね。

そのような経験を繰り返すことによって、「自分を認めてもらいたい」という思いが強くなり、芸能界への憧れをもったのかもしれません。

加藤シゲアキさんは、自らをナルシストと話していましたが、それは幼少期からの経験で自然なことなんでしょうね。

2011年ころまでは、まだ大人になりきれなかったと振り返り、ひねくれていたときもあったそうです。

しかし、この時期にNEWSから山下智久さんと錦戸亮さんの同時脱退があり、人気の2人が抜ける不安が大きかったようです。

また、個人として小説家デビューもかさなり、新たな活動を始めました。なにかと変化が多い一年だったため、心機一転して「加藤シゲアキ」と改名したそうです。

加藤シゲアキの幼少期や子供時代の写真も確認!

両親と3人家族で生まれ育った加藤シゲアキさん。きょうだいがいなかったり転校を繰り返したこともあり、幼少期から内向的で人見知りな性格でした。

学生時代は同級生との距離の縮め方がわからず、学校に行きたくないと言ったこともあったそうです。

小学校1年生から塾に通い、ピアノを習ったりと優秀な生徒だったそうです。

香取慎吾さんに憧れていたことから、母親がジャニーズ事務所に履歴書を送り、小学校6年生でジャニーズ事務所に入所します。

加藤シゲアキさんは、テレビ番組「8時だJ」のオーディション企画を受けて、ひとりだけ合格したため、同期入社はいないみたいですね。

そして、ちょうど中学受験の時期とかさなってしまい、仕事を休みがちになったことから、事務所スタッフに誤解されて干されかけていたそうです。

このまま芸能活動が順調にいくかも分からないし、小学1年生から塾に通ったのがもったいないので、中学受験に専念することを決めています。

事務所には猛プッシュしてもらえていただけに、余計に印象が悪くなってしまったようですね。

しかし、加藤シゲアキさんは、ジャニー喜多川社長に直接電話をし、直談判したことで、理解を示してくれたそうです。

さらには、当時慶應義塾大学に通っていた嵐の櫻井翔さんを紹介し、相談に乗ってくれました。

小学校時代は神奈川県横浜市日吉本町に暮らしており、中学受験の結果、見事青山学院に進学しました。

中等部からはそのまま内部進学で高校、大学と進学し、しっかり現役で卒業しています。

中学生のときは、いきなりドラマ「3年B組金八先生」に大抜擢されます。当時このドラマは、役者の出世前の登竜門的存在でした。

加藤シゲアキさんは、2001年9年~2002年3月に放送された第7シリーズに、長谷川賢(ハセケン)役として出演しました。

その後、NEWSのメンバーに選ばれ、2003年にはメジャーデビューを果たし、ブレイクとなります。

デビューした時の加藤シゲアキさんは、青山学院高等部1年生で、忙しい日々を送っていました。

その後、青山学院大学の法学部に進学します。法学部は国際政治経済学部、文学部(英米文)に続き、エリートが集まる学部です。

加藤シゲアキさんは大学で友達が少なく、一人でご飯を食べることも多かったといいます。

高校1年生の時点でNEWSが結成されているので、芸能活動と学業の両立は大変だったと思いますが、しっかり大学も4年間で卒業しています。

加藤シゲアキさんは、NEWSがブレイクしたと同時に、個人としての強みがないことを悩んでいたそうです。

グループ内では存在感が薄く、仕事のオファーを自ら立候補しても、事務所関係者に「加藤はいいや」と言われてしまったそうです。

そのまま情緒不安定になるほど追い詰められていったのですが、そんなときに、NEWSの休業やメンバーの脱退や、様々なハプニングが起こってしまったのです。

このとき加藤シゲアキさんは、改めて自分と向き合い、「小説家」という強みを見つけます。

「ジャニーズの誰よりも書くことをやってきた」と、事務所に自身の意志を告げ、見事小説家デビューが決まります。

今では自身の強みを活かして、小説家、アイドル、俳優とマルチに活躍しれています。

まとめ

今回は、加藤シゲアキさんの出身地について、紹介しました。

広島県で誕生し、4歳から10歳まで大阪府で育っていたようです。

その後は横浜市で育ち、今も実家があるようですから、地元は横浜になるようですね。

これからもますます活躍していってほしいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です