幾田りらは帰国子女でお嬢様育ち!両親の職業は?家族や兄弟構成を調査!

YOASOBIとして活躍しているikuraこと幾田りら(いくた りら)さん。

透明感あふれる歌唱力と、その愛くるしい容姿で、男女ともに人気を博していますよね。

そんな幾田りらさんですが、実は帰国子女でお嬢様という噂があるのです!

今回は、幾田りらさんの家族構成について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

幾田りらの家族や兄弟構成を調査!実家はお金持ち!帰国子女でお嬢様育ち?

幾田りらさんは、両親と12歳年上の兄、姉2人の6人家族で生まれ育ちました。

幾田りらさんは4人きょうだいの末っ子だったのですね!妹っぽいオーラはありましたが、大家族だったんですね。

幾田りらさんは幼少期、シカゴで過ごし、3歳のときに日本に帰国しています。

父親の仕事の関係でアメリカに住んでいたということで、父親が「外資系エリートサラリーマンなのではないか」という噂もありました。

たしかにアメリカへ転勤するというのは、大企業でそれなりの地位にいないとできないですよね。

6人家族で全員アメリカで生活できるという時点で、かなり裕福な家庭に育ったのではないでしょうか。

日本の外資系大手企業の場合、30代で年収1000万円を稼ぐこともできるそうで、幾田りらさんの父親もそれ以上はもらえているのではないでしょうか。

また、外資系エリートサラリーマンではなく、経営者という可能性もありますね。

幾田りらさんは、実家で猫を3匹飼っているのですが、サイベリアンのような高級品種の猫もいるようです。

お子さんが4人いるだけでなく、さらに猫も飼えるとなると、確実に裕福な家庭でしょうね。

たしかに、英語が話せて海外で仕事できる能力って一般人レベルではなさそうですよね。

さらに、4人きょうだいを私立の学校へ行かせており、お姉さんは桐朋学園音楽大学、劇団YPAに所属したり、ニューヨーク・ワシントン公演に出演するといった華やかな家族なんです。

幾田りらさんは、3歳のときに日本に帰国しており、帰国子女だったのですね。幼少期は英語に触れる機会が多く、今も英語は得意のようです。

幾田りらさんが、ベートーヴェン「第九」や、ビートルズ「Let It Be」を歌っている動画でも、発音が完璧でかなり流暢に英語を話せるのではないでしょうか。

歌声がきれいなだけでなく、発音がきれいというのはすごいですよね。

また、幾田りらさんは小学3年生~6年生までミュージカル劇団に所属していたそうで、「ハイスクールミュージック」にドハマりしていたそうです。

なかなか小学生で英語のミュージカル劇にハマる、ということはないですよね。それだけ英語に抵抗が無いということでしょう。

「ハイスクールミュージカル」のサウンドトラックはすべて英語の歌詞なのですが、完コピして歌っていたといいますから驚きですね。

ミュージカル劇団では、ボイストレーニングも受けていたそうで、好きな歌を英語で歌うという習慣があったので、帰国しても英語が上達したのでしょうね。

幾田りらはハーフ?両親の職業も確認!父親がイケメンで母親は料理上手?

幾田りらさんの両親の職業ははっきり分かりませんでしたが、前述したように父は外資系エリートサラリーマンか、経営者の可能性があります。

アメリカに長らく滞在していたようなので、「もしかして幾田りらさんはハーフ?」という噂もありましたが、れっきとした日本人のようですね。

幾田りらさんが幼いころから、父が趣味でギターを弾いていたそうで、音楽に溢れる家庭に育ったそうです。

「私が小学校6年生ぐらいの時に、父が、バレンタインか母の誕生日かに、自分で作った曲を母にプレゼントしているのを聴いて、自分で曲を作る、自分で詩を作るということにすごく魅力を感じました。」
Mumoより引用

幾田りらさんが小学校6年生のときから作詞作曲をしていたのも、本格的に音楽をはじめたのも、父の影響だったのですね。

父の写真も公開されていませんが、幾田りらさんがツイッターに父に似ている画像を投稿したことがありました。

メガネをかけていて、この雪だるまよりはイケメンだそうです(笑)ぜひ本物を見てみたいですね。

幾田りらさんが音楽の道に進むようになったのも、音楽好きのお父さんの影響だったんですね。

そして、幾田りらさんの母についても職業などの情報はありませんでしたが、画像は公開されていました。

とても優しそうで、幾田りらさんによく似ていますよね。

幾田りらさんの母はとても料理上手で、お菓子づくりが得意なんだとか。

ハロウィンやお誕生日には、母が手作りのお菓子やケーキをふるまってくれたそうですよ。

以前、幾田りらさんのツイッターに、母の声が入り込んでいたことがありました。

https://twitter.com/ikutalilas/status/1269565610788188160?s=20
母も音楽好きだそうで、家族でセッションすることもあるのでしょうか。

幾田りらの家族構成は?兄弟や姉を確認!画像はある?

幾田りらさんは4人兄弟の末っ子で、4人とも私立の学校に進学しています。やはりかなり裕福な家庭に育ったようですね。

長男は、なんと幾田りらさんと誕生日が同じで、ちょうど一回り離れているそうです。12歳上なので、干支が同じなんですね。

兄はギターが趣味だそうで、すでに実家を出ていますが、ときどき帰ってきてはギターを披露してくれるそうですよ。

長女の姉については詳細が不明ですが、次女の姉は4歳年上の幾田さくらさんです。

音大の名門・桐朋学園音楽大学出身で、かなり授業料が高いことで知られています。

大学の授業料以外にも、講師に1時間数万円のレッスン料を支払ったりと、かなりのお金が必要です。

幾田さくらさんは、大学でトランペットを勉強していたそうです。

家族みんながギターや楽器を自由に弾けるということは、防音設備もしっかりしている一軒家に住んでいたのでしょうね。

幾田さくらさんは中学時代、「劇団 Y.P.A東京」のメンバーだったということで、ずっと昔から本格的に音楽をはじめていたのでしょうね。

さくらさんは試験成績優秀者の演奏会にも出席しており、それほど高い実力をもっていたということが分かります。

幾田りらさんもギターやトランペットができるので、父や兄姉たちに習い、自然と弾けるようになったのでしょうね。

まとめ

今回は、幾田りらさんの家族構成について、紹介しました。

幼少期はシカゴですごした帰国子女ということで、父の職業は外資系エリートサラリーマンの可能性がありますね。

兄や姉も音楽に精通しているそうで、幾田りらさんの家庭環境から、自然と音楽の道に進むことになったのですね。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です