永山絢斗は韓国人?出身は板橋区との噂も!若い頃や昔の画像も確認

俳優の永山絢斗さんといえば、イケメンでスタイル抜群、そして演技力もあるという完璧なイメージですよね。

お兄さんがあの人気俳優の永山瑛太さんといことで、兄弟そろって人気を博しています。

そんな永山絢斗さんですが、出身地が注目されているようなんです。

今回は、永山絢斗さんの出身地について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

永山絢斗は韓国人?噂の真相を徹底調査!

永山絢斗さんは、以前から韓国人という噂が浮上しています。

この背景は、永山絢斗さんの父親が韓国人だから、ということなのですが、これはデマのようですね。

永山絢斗さんの出身は新潟県で、中学は東京都板橋区の中学校だったので、日本人で間違いないです。

兄の瑛太さんは、東京都新宿区大久保にある保善高等学を卒業しており、その近辺がコリアンタウンだったことも要因のようです。

また、永山絢斗さんが出演した2010年11月6日放送のNHKドラマスペシャル「大阪ラブ&ソウル」で、在日韓国人の役を演じたこともあり、噂に発展したみたいですね。

在日コリアンという難しい役どころに永山は「ものすごく濃いストーリーのドラマです。今回のドラマは、ぼくのまったく知らない世界の話でしたが、最初に台本を読んだ時から絶対にいい作品になるという自信がありました。

VOCE

また、永山絢斗さんはNHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」に出演した際、握手のやり方が韓国人スタイルだったそうです。

握手をする際、逆の手を添えるのが韓国スタイルなんだとか。

さらに、「永山」という苗字が在日韓国人に多いそうで、父親が焼肉店を経営していたこともあり、噂が広まったのでしょうね。

永山絢斗の出身は板橋区?実家は焼き肉店との噂も!画像

永山絢斗さんの出身地は、東京都板橋区です。

永山絢斗さんの両親は、1999年頃に離婚しており。瑛太さんら兄弟は父親に育てられました。

永山絢斗さんの父親は博文さんといいます。永山絢斗さんらは3人兄弟で、長男の永山竜弥さんも過去に俳優をしていました。

息子たちと博文さんはとても仲が良く、全員お酒が好きなので、地元の居酒屋を一緒にはしごしたり、近所では仲良し親子として有名でした。

父は息子たちにとてもよく似ていて、きりっとしていてイケメンでした。

父親の出身地は、鹿児島県姶良郡湧水町だそうで、祖父の先祖は元武士だったようです。

永山絢斗さんらが鹿児島県姶良郡湧水町で目撃されているので、ルーツがこのあたりにあるのですね。

父親は都内で焼肉店『瑛斗弥(えどや)』を経営していました。2009年に開店し、瑛太さんの父ということもあって、メディアで大きく報じられました。

この「瑛斗弥」という店名は、長男・竜弥さんの「弥」、次男・瑛太さんの「瑛」、三男・絢斗さんの「斗」から一文字ずつ取ったようですね。

それくらい、父が息子たちへの思いが強かったということでしょう。

炭火焼肉屋「瑛斗弥」は、東京都板橋区高島平にありました。都営三田線西台駅の高架下だったそうですよ。

近隣店舗の人たちとも交流があり、瑛太さんのファンも含め遠方から来るお客さんもて、結構な繁盛っぷりだったそうです。

しかし、しばらくすると、だんだんお店の経営は右下がりになっていきます。

ランチの定食を始めたりと、いろいろ試行錯誤をしましたが、なかなか利益は上がりませんでした。

永山瑛太さんも永山絢斗さんも、俳優として軌道に乗って嬉しいことばかりだったと思いますが、2011年に父親は都内の自宅マンションで自ら命を立ってしまいました。

実は、永山絢斗さんの父は、首にヘルニアを患っており、2009年に手術を受けていました。

しかし、術後の経過が思わしくなかく、焼肉店の経営もうまくいかず、心身ともに疲労困憊だったのかもしれません。

父は、「迷惑かけてごめん」と遺書を残していたそうです。

博文さんは子たちに絶対に迷惑をかけたくないと、金銭的援助もいっさい受け取らなかったそうですよ。

2011年2月19日に父の葬儀がおこなわれましたが、瑛太さんや妻の木村カエラさんらが参列し、多くの取材陣が葬儀場に集まりました。

永山絢斗の若い頃や昔の画像も確認!

永山絢斗さんは、永山家の3男として誕生しました。

瑛太さんとは演技の話はあまりしないそうですが、出演するドラマはしっかりチェックしているそうです。

小学生の頃はサッカーに夢中で、昔から運動神経抜群でした。そのため、将来の夢はサッカー選手になることでした。

瑛太さんは永山絢斗さんについて、

仲良いですね。6個離れているので、ちっちゃいときからよくかわいがっていたんです。

だから、その赤ちゃんのときの絢斗のままの感覚で、今でもかわいくてしょうがないんですよ。

おしゃれイズム

と、かわいい弟ということを話していました。

いまでもよく兄弟で飲みに行くそうですが、永山絢斗さんは瑛太さんの家に来てスマホをいじりながら、いつのまにか寝てしまうそうですよ(笑)

永山絢斗さんが俳優を目指すきっかけとなったのは、やはり瑛太さんの存在が大きかったそうです。

芸能界に入るのを悩んでいるときも、瑛太さんが後押ししてれたと話していました。

兄弟揃って、ここまで人気と実力を兼ね備えているとは、すごいですよね。

永山絢斗さんは、2007年にドラマ『おじいさん先生』で俳優として活動をスタートします。

2008年には映画『フレフレ少女』で初出演を果たし、2010年に公開された『ソフトボーイズ』では、映画初主演を務めました。

これ以降は、数々の映画やドラマに出演し、主演を務めることも多くなりました。

最初は「瑛太の弟」という目で見られることが多かったのですが、いまでは俳優・永山絢斗が世に認知され、ますます活躍が期待されていますね。

まとめ

今回は、永山絢斗さんの出身地について、紹介しました。

東京都板橋区に実家があるようで、両親と長男、次男、永山絢斗さんの5人家族だったようです。

父が焼肉屋を経営していたり、出演したドラマの影響で、韓国人と誤解されていたようですね。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です