加藤シゲアキの年収がすごい!本の印税は億超えで愛車はポルシェ?画像

ジャニーズアイドルグループ・NEWSのメンバーである加藤シゲアキさん。俳優、小説家、タレントと、マルチに活躍していますよね。

そんな加藤シゲアキさんは、いったいどれくらいの年収を稼いでいるのか、気になる人も多いと思います。

今回は、加藤シゲアキさんの年収について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

加藤シゲアキのギャラや年収がすごいと話題!

ジャニーズタレントの中でも、俳優やMC、コメンテーターとマルチに活躍している人は多いですが、小説家として活躍しているのは、加藤シゲアキさんただ一人ですね。

加藤シゲアキさんは小学6年生のときにジャニーズ事務所のオーディションを受け、中学生のときからジャニーズJr.として活躍します。

また、16歳でNEWSとなりCDデビューを果たすと、ジャニーズの中でもエリートコースを歩んできました

そんな加藤シゲアキさんは、若くしてかなりの年収を稼いでいました。その証拠に、中等部~大学まで青山学院に通っていたのですが、高校生からは学費を自分で払っていたそうです。

ジャニーズ事務所は、基本的に給料が歩合制だそうで、トップクラスになると年収1億円超えも夢ではありません。

加藤シゲアキさんは、NEWS以外にも、俳優やコメンテーター、作家として活躍しているので、かなりの年収になるでしょう。

調べてみた結果、2021年の加藤シゲアキさんの年収は、およそ1,700万円ほどだそうです。

活躍っぷりを見た限りでは、もう少し稼いでいそうな気がします。ただ、現在NEWSとしての活動はほとんどないので、コンサートなどもありませんよね。

ちなみに、ジャニーズJr.はバックダンサーとしてテレビ出演しても、ギャラは出ません。

一番稼げるのは舞台だそうで、1か月間で50万円ほどの給料がもらえます。ただ、リハーサル期間中は無給のため、ジュニアの中には生活できず、実家暮らしをしているメンバーも多いです。

そのほかのメイン収入としては、ドラマや映画になります。加藤シゲアキさんが2021年に出演した作品は、以下の通りです。

土曜ドラマ 六畳間のピアノマン(2021年2月6日 – 2月27日) – 主演・村沢憲治 役

世にも奇妙な物語’21夏の特別編「三途の川アウトレットパーク」(2021年6月26日) – 主演・木村孝 役

病院の治しかた~スペシャル~ (2021年7月26日) – 夏目翔 役

二月の勝者-絶対合格の教室-(2021年10月16日~) – 灰谷純 役

剣樹抄~光圀公と俺~(2021年11月5日 – 〈予定〉、NHK BSプレミアム) – 錦氷ノ介 役

モダンボーイズ(2021年4月3日 – 16日、東京・新国立劇場 中劇場)- 主演 矢萩奏役

Wikipediaより引用

通常ドラマ1話あたりのギャラは、加藤シゲアキさんクラスですと100万円ほどになります。

出演した作品のほとんどが主演ですので、ほかの出演者よりギャラが高くなるのが普通ですね。

現在出演中のドラマ「二月の勝者」は全9話と仮定して、脇役ですから1話50万円ほどだと50万円×9話=450万円という計算になりますね。

そのほかのスペシャルドラマは100万円×2作品=200万円。

主演ドラマと放送予定のドラマは、トータルで700万円と仮定します。

そこに舞台のギャラと、雑誌やバラエティ番組のギャラなどをあわせて、年収が1700万円という計算になるようです。

加藤シゲアキの本の印税は億超え?噂の真相を徹底調査!

順風満帆の芸能人生を歩んできたように思える加藤シゲアキさんですが、未だデビューしたてのころから危機感を抱いていました。

NEWSは山下智久さんを筆頭に、錦戸亮さんら選りすぐりのメンバーが集まっていました。

そのため、加藤シゲアキさんはあまり存在感がありませんでした。

そもそも、NEWSのメンバーは、山下智久さんが選んだ選抜メンバーだったそうで、人気のあるメンバーが多かったのです。

加藤シゲアキさんは、「自分はあまり目立たないのではないか?」と感じていました。

9人編成だったNEWSも、相次いでメンバーが脱退し、最終的には3人になってしまいました。

そんな中、加藤シゲアキさんは「書くこと」を活かすため、小説家として活動を始めたのです。

記念すべき作家デビュー作となったのが、「ピンクとグレー」。

ジャニーズ初の小説家デビューということで、かなり注目を集めましたね。

内容に対する評価も高く、発行部数25万部を突破し、ベストセラーとなります。

本はだいたい10万部以上でベストセラーと言われているので、大ベストセラーに値しますね。

その後、Hey Say!JUMPの中島裕翔さん主演で、2016年1月9日に映画化されました。

タレント兼小説家という人は少なくありませんが、1冊目がヒットしても、なかなか後が続かないことが多いですね。

しかし、加藤シゲアキさんがこれまでに発表した作品は、いずれもヒットしています。

その他にも、加藤シゲアキさんが執筆した小説は、以下の通りです。

ピンクとグレー(2012.1.28)・・・25万部発行

閃光スクランブル(2013.11.25)

Burn.ーバーンー(2014.3.21)

傘をもたない蟻たちは(2015.6.1)

チュベローズで待ってる(2017.12.12日)

オルタネート(2020.11.19)・・・6万部発行

オルフェnetより引用

5冊目の「チュベローズで待ってる」までの累計発行部数が、45万部と発表されているようです。

最後に発売された「オルタネート」の6万部を合わせると、約50万部になりますね

印税の計算は「発行部数」を使うそうで、通常だと「発行部数×本の価格×10%」になります。

この10%は契約によって異なりますが、「火花」が大ヒットとなった、ピースの又吉直樹さんですと、「10%」だったそうです。

そこから事務所の取り分が差し引かれるのですが、だいたい半分が事務所、半分が作者だそうです。

又吉直樹さんは、300万部を突破し、印税が1臆8000万円になったと言われていました。その例から考えると、加藤シゲアキさんは約50万部を発行し、印税が3000万円になりますね。

また、「ピンクとグレー」は映画化され、興行収入6億円を突破しました。

映画の場合は、作者に使用料が支払われるのですが、規程で「上限は1000万円まで」と決められているそうです。

だいたい相場は200万~400万円ほどで、事務所の取り分も考えると200万円くらいではないでしょうか。

以上のことから、小説で稼いだ印税は、約3000万円ということになりますね。「オルタネート」がまた映像化されれば、さらに印税が入ってくることになりますね。

この「オルタネート」は、第164回直木賞にノミネートされ、大きな話題になりました。

高校生限定のマッチングアプリが必須となった現代。

東京のとある高校を舞台に、3人の若者の運命が、鮮やかに加速していく――。

恋とは、友情とは、家族とは、人と“繋がる”とは何か。

悩み、傷つきながら、〈私たち〉が「世界との距離をつかむまで」を端正かつエモーショナルに描く。

著者3年ぶり、渾身の新作長編

Yahoo!ニュース

「オルタネート」は、「小説新潮」で連載が始まり、発売前からネットで注文が殺到するほどの注目度だったのです。

売り切れ店も続出し、異例の緊急重版もしたほどでした。「小説新潮」の重版は、創設以来初めてだったので、それほど加藤シゲアキさんの注目度が高いということですね。

単行本も完売状態になり、一週間で6万部という驚異的な数字をたたき出しました。

芸能活動と並行して、これだけハイペースで新刊を出すことができるというのは、驚異的ですよね。

加藤シゲアキさんの作品は、プロからも評価されており、人物ひとりひとりを立体的に描く筆力が高く評価されています。

はじめて書いた作品は、5歳の時に書いた『ふしぎなきのみ』。この作品を原案とした、オリジナル絵本も発表されています。

最も影響を受けた小説にはJ・D・サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』(村上春樹訳)を挙げている。

処女作『ピンクとグレー』を刊行後、周囲のすすめで大沢在昌『小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない』で小説の書き方を一から学び、以来参考にしている。

Wikipediaより引用

アイドルと作家活動の両立については、「なんでもやることができるのがジャニーズのタレント」と話していました。

「歌って踊る日もあれば、お芝居する日もあり、書く日があるだけ」と、そのマルチ活動が苦ではないようですね。

また、執筆のアイデアはタレント活動の中にたくさん散らばっているそうで、アイドルと小説家は切り離せないものということでした。

加藤シゲアキさんの年収が1,700万円ほど、印税がトータル3000万円ほどというのは、思ったより少ない印象です。

億単位も夢ではないと思っていましたが、ジャニーズ事務所に取られる分も多いのかもしれません。

加藤シゲアキの愛車はポルシェ?画像

加藤シゲアキさんの愛車は、ポルシェ・レンジローバーです。

ベンツの次にカイエン、レンジローバーという順で人気だそうで、加藤シゲアキさんのほかにも、竹野内豊さんや秦基博さんの愛車です。

加藤シゲアキさんは、神奈川県横浜市に実家があるのですが、現在は都内のマンションで一人暮らしをしています。

自宅は目黒区か港区ではないか?と言われており、テレビ局へアクセスしやすい点や、芸能人が多く住んでいエリアですね。

自宅マンションの場所は明らかにしていませんが、以前、自宅内を紹介していたことがありました。

趣味が釣りということで、部屋には釣り竿やルアーが多数あり、アンティークカメラのコレクションもたくさんありました。

また、さすが小説家ということで、自宅には書斎もありました。

しかし、書斎にも釣り道具やギターを飾っているので、気が散って集中できないと話していました。

何事もとことん突き詰めて集めてしまうのが、加藤シゲアキさんらしいですね。

まとめ

今回は、加藤シゲアキさんの年収について、紹介しました。

NEWSとしての活動は最近無いものの、俳優としてドラマにコンスタントに出演しているため、1700万円と予想されています。

出版した小説はベストセラーとなり、印税も3000万円ほどもらっているのでは?と言われています。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です