門脇麦は演技下手!大根で棒読み?実は演技も歌も上手いし魅力が凄い!

若手女優の中でも、さまざまな役を演じており、その演技力で注目を集めている、門脇麦さん。

シリアスな役のイメージが強いかもしれませんが、どんな役でも自分のものにしてしまうのが、すごいところですよね。

そんな門脇麦さんですが、演技力については、賛否両論あるのでしょうか。

今回は、門脇麦さんの演技力について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

門脇麦は演技上手いし歌も上手い?魅力は何?世間の声や評判は?

門脇麦さんはこれまで、幅広い役柄を演じており、その演技力は高く評価されています。

『愛の渦』

2014年公開の映画『愛の渦』は、過激なシーンを体当たりで演じ、話題となっていました。

「地味でまじめそうな容姿だが、性欲が強い女子大生」というヒロイン役で、門脇麦さんはオーディションでこの役を勝ち取っています。

初めて濡れ場やヌードに挑戦したそうで、なんと本編123分の中で、服を着ているシーンがたった18分30秒しかないそうです。

門脇麦さんは当時まだ21歳でしたが、芝居を始めて3年で、この難役に挑戦したい!と思ったそうです。

「私も死ぬ気でかからないと」と意気込んでいたこの作品は、門脇麦さんの演技力を世に知らしめることになりました。

門脇麦さんは、素朴な見た目をしていますが、映像映えする存在感があります。

『ミステリと言う勿れ』

菅田将暉さん主演ドラマ『ミステリと言う勿れ』では、ライカ役を演じています。

ライカは原作でとても人気のあるキャラで、「千夜子」というもう一つの人格を持つ、二重人格の役でした。

ライカは、千夜子が虐待を受けたことで生み出された、別の人格。

表情だけで人格が切り替わったことを表現しなければならず、その演技力は圧巻でした。

見た目はまったく同じなのにもかかわらず、一瞬でひょう変する演技は、さすがでした。

門脇麦さんは、目の演技や表情で魅せる演技が、とても上手ですね。

『THE LIMIT』

オムニバスドラマ『THE LIMIT』の第2話「タクシーの女」では、弁護士・宮田咲希役を演じていました。

後部座席に座っている状態なので、表情と目線、口調だけで表現しなければならず、難しい役だったと思います。

そのときの状況や感情に合わせて口調を変え、さすがの表現力でした。

『リバーサルオーケストラ』

門脇麦さんが民放初主演をつとめている、ドラマ「リバーサルオーケストラ」。

天才バイオリニスト役を演じるため、昨年8月頃から楽器の演奏を猛特訓しているそうです。

10年前にもドラマでバイオリニスト役を演じていましたが、練習量や難易度がまったく違うそうです。

「天才」の役なので、格好良く見せるために、手のしなやかさや、ちょっとした体の動きがポイントだそうですよ。

このドラマで、門脇麦さんの「バイオリニストの演技がうますぎる!」と、話題になっていました。

門脇麦は歌も上手い

また、門脇麦さんは歌も上手なんですね!

2019年5月31日公開の映画「さよならくちびる」では、女性ギターデュオ・ハルレオとして、CDもリリースしています。

門脇麦さんは小松奈々さんとの歌声を披露し、話題になっていました。

2人は渋谷のカラオケ店にギターを持ち込み、猛特訓したそうです。

「さよならくちびる」は、 シンガーソングライターの秦基博さんが楽曲提供しているそうです。

あいみょんさんが提供した挿入歌「誰にだって訳がある」「たちまち嵐」も歌唱しており、豪華メンバーで門脇麦さんをプロデュースされています。

門脇麦さんは、映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』でも、山下達郎さんの「REBORN」を披露しています。

一度聞くと頭から離れない透明感ある歌声で、聞いていてとても居心地が良いです。

門脇麦は演技下手?大根で棒読みすぎる?世間の声と評判を調査!

門脇麦さんの「演技が下手」という声は、どれくらいあるのでしょうか?

「演技が上手い」という声に対しては、「下手」という意見は少なかったものの、少なからず感じる人はいるようですね。

『麒麟がくる』

門脇麦さんは、大河ドラマ『麒麟がくる』で、駒役を演じていました。身分の低い女性の役で、戦国時代がどのような時代だったのか、視聴者に伝わる熱演でしたね。

視聴者から「門脇麦さんの演技がうまい」と支持される一方で、駒に批判の声があったこともありました。

駒は架空の人物だったので、もっと合戦のシーンや、英雄のシーンを増やしたほうがよかったのでは?という意見ですね。

また、門脇麦さんが「滑舌が悪い」という声もあがっていました。個人的には、ハマっていたと思いますが・・・。

『親愛なる僕へ殺意をこめて』

山田涼介さん主演で、漫画をもとにドラマ化された「親愛なる僕へ殺意をこめて」。

門脇麦さんは、主人公の恋人・雪村京花役を演じていました。

幼少期に母親から虐待を受け、姉ばかり大事にされて悔しい思いをしていた京花。

ある日、殺人鬼LLが、自分の姉を殺害してくれたことで、家から逃れることができました。

LLに感謝をしていたので、そのLLの息子・浦島エイジに近づいたのです。

実は二重人格で、サイコキラーだったという恐ろしい役を演じていました。

サイコキラーを見事に演じていたと思いますが、「迫力不足」という声もあったようです。

しかし基本的には、「雪村京花そのまんま」「起用されたのも納得」と、高い評価が集まっていました。

門脇麦の経歴をまとめてみた!

ニューヨークで誕生した門脇麦さんは、帰国後に東京で育ちました。

幼少期からクラシックバレエの第一人者・岸辺光代さんに師事し、プロのバレリーナを目指していました。

しかし、中学2年生の時に限界を感じて辞めてしまい、やりたいことも見つからず、高校時代は部活にも入っていません。

3年間暗黒時代を過ごした門脇麦さんは、あまり他の同級生の方と関わらなかったそうです。

学校が休みの日や合間の時間は、レンタルビデオ屋で、「あ行」から順番に借りて行ったりしていたとか。

そんな中、蒼井優さんと鈴木杏さん主演映画「花とアリス」を見て、女優に興味を持ちます。

高校3年生になると、芸能事務所に履歴書を送りますが、両親に反対されます。

両親を説得し、芸能事務所に入り、女優の道へと進んでいます。

2011年には、ドラマ『美咲ナンバーワン!!』でデビューし、2013年、「チョコラBB Feチャージ」(エーザイ)のCMで話題になりました。

2014年に公開されたR18+指定映画『愛の渦』でヒロインを演じ、第6回TAMA映画賞最優秀新進女優賞などを受賞しました。

2015年にはNHK朝の連続テレビ小説『まれ』に出演し、ヒロイン・土屋太鳳の友人役を演じ、注目を集めました。

ほかにも、多数の賞を受賞しています。

第6回TAMA映画賞 最優秀新進女優賞(『愛の渦』『闇金ウシジマくん Part2』
第36回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞 (『愛の渦』『闇金ウシジマくんPart2』『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』)
第88回キネマ旬報ベスト・テン 新人女優賞 (『愛の渦』『闇金ウシジマくんPart2』『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』
第42回 エランドール賞 新人賞(『彼らが本気で編むときは、』『こどもつかい』『世界は今日から君のもの』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『KOKORO(フランス語版)』『リバース』『悦ちゃん?昭和駄目パパ恋物語?』)
第61回 ブルーリボン賞 主演女優賞(『止められるか、俺たちを』)
第41回 ヨコハマ映画祭 主演女優賞(『さよならくちびる』
エル シネマアワード2019「エル ベストアクトレス賞」
Wikipediaより引用

現在は演技派女優として、確固たる地位を確立していますね。

まとめ

今回は、門脇麦さんの演技力について、紹介しました。

ミステリアスで難しい役を演じることが多く、その演技力や存在感は高く評価されていました。

女優を目指したのは高校卒業後からなので、まだ短い間ながらもこれだけ評価されているのはすごいですね。

これからもますます活躍していってほしいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です