【画像】細田佳央太の筋肉がヤバい!腹筋もバキバキ?筋トレ方法や食事も確認!

ドラマ「ドラゴン桜」や、「恋です!」での演技で注目を集めている俳優・細田佳央太さん。

役になり切るストイックな演技への情熱で、今後ブレイク間違いなしの俳優さんですね。

そんな細田佳央太さんですが、実は筋肉がすごい!と話題になっているようなんです。

今回は、細田佳央太さんの筋肉について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

【画像】細田佳央太の筋肉がヤバい!世間の声や評判も調査

細田佳央太さんは、細身で華奢なイメージがありますが、実は筋肉がすごい!と言われています。

出演しているドラマや映画では、あまり露出することもないので、どれくらい筋肉ムキムキなのかが分かりにくいですよね。

細田佳央太さんは、バスケットボールをしていたため、脚や腕などの筋肉がすごいようなんです!

たしかに画像を見てみると、腕がしなやかで引き締まっていますよね。

首も太くてしっかりしているので、上半身に筋肉がついているように思えます。

細田佳央太さんは、小学校5年生~中学3年生までバスケをしていました。

友達がやっているのを見て、面白そうだなと、興味を持ったそうです。

友達と一緒に部活に入り、今もオフの日は友達同士でバスケットボールをしているそうですよ。

また、中学生のときに体育の授業でハンドボールをしたら、とても楽しかったのでまたやっていたいと話していました。

どうやら、手を使うスポーツが得意みたいですね。反対に、脚を使うサッカーなどは苦手なようです。

腕の筋肉を使う種目が得意みたいですから、自然と腕など上半身が鍛えられたのですね。

細田佳央太さんは、2020年3月放送のドラマ『左手一本のシュート』で、華麗なバスケット姿を見せています。

首が太くて、腕もしっかり筋肉がついているのが分かりますね。また、脚もしまっていて、ムキムキです。

映画『町田くんの世界』でも、二の腕にしっかり筋肉がついているのが分かります。

制服なのであまり脚は見えませんが、半袖から腕が見えて、太くてたくましい様子が分かります。

細田佳央太は腹筋もバキバキ?画像まとめ!

次に腹筋ですが、細田佳央太さんは腹筋を披露したことはないようです。

ただ、2019年に『町田くんの世界』でインタビューをうけた際に、バキバキの腹筋にあこがれていると、明かしていました。

細田佳央太さんが演じた主人公・町田くんは、強烈な運動音痴。細田佳央太さんも、種目によっては町田くん並みの運動音痴だそうです。

体を鍛えたい気持ちはあるのですが、あまり鍛えると背が伸びにくくなるということで、成長期が終わってからバッキバキの腹筋を目指すそうです。

細田佳央太さんは2021年で19歳なので、まだまだ身長がのびる可能性がありますよね。

アミューズ所属の若手俳優によるチーム・ハンサムでも激しく動いていますし、近いうちにバキバキの腹筋が見られるかもしれません。

腹筋の画像は無いものの、腕や足にしっかり筋肉がついていることが分かりました!

細田佳央太さんは童顔で可愛らしい見た目をしていますが、筋肉がムキムキだったら、そのギャップにやられる女子も多いでしょうね!

細田佳央太の筋トレや食事方法も確認!動画

細田佳央太さんは現在体を鍛えていないみたいで、特別なトレーニングも食事制限もしていませんでした。

映画「町田くんの世界」に出演した際は、「町田くんは50mを12.4秒で走る」という設定を再現するため、ももを上げて走るフォームを習得したそうです。

普段使わない筋肉を使ったため、ものすごい筋肉痛になってしまったそうです。

ちなみに、細田佳央太さん自身の脚の速さは、いたって普通みたいですよ。

https://twitter.com/tvxq_journey/status/1438631945563369473?s=20

「ZIP!」に出演した際は、筋トレグッズの腹筋ローラーに興味津々な様子でした!

特別な運動はしていませんが、オフの日に友達を誘って、バスケをしているそうです。

撮影の前に、バスケットボールの練習を2時間ほどしたそうですが、筋肉痛になってしまったそうです。

最近はあまり運動していないみたいですね。

細田佳央太さんは「ドラゴン桜」に出演する際、1,000人超えのオーディションを勝ち抜き、原健太役をつかみとりました。

役作りで自身初の坊主頭にして、13キロも増量をしています。

かねてから日曜劇場への出演を目標にしていたそうで、そのためのハードな役作りを徹底したそうです。

(福澤克雄)監督から指示を頂きました。「短髪にして太ってほしい」と言われて驚きましたが、台本を読んで自分の中でイメージしていたものとのズレはなく、「そうだろうな」と納得できました。57キロから70キロに。もともとは60キロくらいですが、(現在放送中のMBSドラマ)『ラブファントム』のために55キロくらいに落とし、少し戻って57キロになっていて、そこから増やしました。

Yahooニュースより引用

細田佳央太さんは、「ドラゴン桜」の前に出演していた『ラブファントム』が終わるまでは太れなかったため、約2~3週間という短い期間で、体重を13キロ増やしました。

増量方法は、「とにかくお腹がすく前に食べる!」ことだったそうで、食べる量も回数もかなり増やし、ジャンクフードやお菓子もモリモリ食べていたそうですよ。

1日最低3食で、多い時は5食を食べていたそうです。

ハンバーガーや牛丼など、高カロリーで手軽に食べれるものを主に摂取していたみたいですね。

体重自体はすぐに増えたのですが、なかなか顔にお肉がつかなかったそうで、苦労したようです

急激に体調が増えたため、最初はとても動きづらく、体調が悪かったといいます。

急に食べ始めたことによって体がびっくりしてしまって。あと、ハンサムライブ(アミューズの若手俳優によるファン感謝祭)の練習をやりながらだったので、膝や腰への負担が増えたなと感じました。難しかったですね。食べるのがすごく好きなのですが、太るために食べるという義務感から、食べることが作業になってしまって。

Yahooニュースより引用

気持ちが折れそうになったこともありましたが、作品のためだったので頑張れたそうですよ。ものすごい役者魂ですね!

まとめ

今回は、細田佳央太さんの筋肉について、紹介しました。

バスケットボールをしていたので、腕や足にしなやかな筋肉がついているようですね!

現在は特にトレーニングをしていないようですが、バキバキの腹筋にあこがれているとのことで、鍛えだすかもしれませんね!

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です