【動画】林遣都の演技がすごすぎる!下手との声も?演技力の評判や経歴も確認

整った顔立ちとかわいさを兼ねそろえたルックスを持つ林遣都さん。

好青年の役から、狂気じみた悪役まで、その演技の才能は高く評価されています。

そんな林遣都さんですが、演技力については賛否両論あるのでしょうか。

今回は、林遣都さんの演技力について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

【動画】林遣都の演技がすごすぎる!世間の声や評判も確認

林遣都さんの演技力についてですが、世間から高く評価されていました。

作品ごとに見ていきましょう。

『おっさんずラブ』

男性同士の恋愛を描いた、異色のラブコメディで大ヒットとなったドラマ『おっさんずラブ』。

2018年から第1シリーズが放送され、2019年に第2シリーズが放送されました。

その斬新な設定と出演者のコミカルな演技が注目を集め、同年の「ユーキャン 新語・流行語大賞」にもノミネートされています。

この作品で林遣都さんは、田中圭さん演じる主人公・春田創一に恋する高学歴イケメン男子・牧凌太を演じました。

嫉妬したり、上司に戦いを挑んだりする恋する乙女を熱演し、キュンキュンする女性ファンが続出しました。

本当に同性愛者なのではないか?と思わせる目や、ちょっとした仕草の演技がすごかったですね!

『スカーレット』

2019年度後期放送のNHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』。

この作品で林遣都さんは、戸田恵梨香さん演じる主人公・川原喜美子の同級生・大野信作を演じました。

お茶目でかわいらしい信作は、登場するごとに物語を明るくしました。のちに妻となった大島優子さんとの掛け合いも、まさに名コンビという感じでしたね。

イケメン俳優らしからぬ顔芸や、ちょっと頼りない雰囲気をコミカルに演じ、話題を集めていました。

さわやかイケメンのイメージが強い林遣都さんですが、なよなよした頼りない役もこなせるんですね!

『火花』

ピースの又吉直樹さんが第153回芥川賞を受賞した、大ヒット小説のドラマ化『火花』。

この作品で林遣都さんは、お笑いに人生を注ぐ主人公・徳永太歩役を演じました。

売れない芸人を演じる林遣都さんは、夢を追いかける姿や挫折する姿を等身大で演じていましたよね。

お笑い芸人特有の仕草やイントネーション、独特な話し方も、林遣都さんの世界観にひきこまれてしまいますね。

『愛しい嘘』

波瑠さん主演ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』。

中学時代の同級生が再開したことで、“恋”と“悲劇”が生まれるラブサスペンスとなっています。

林遣都さんは優等生の「雨宮」と、なりすましていた「中野」の一人二役を演じています。

ちょっとしたしぐさや表情で、2人の違いを見せるという、かなり難しい役に挑戦した林遣都さん。

手が届きそうで届かないミステリアスな雰囲気も、女性ファンをくぎ付けにしました。

ドキドキハラハラさせられた怒涛の展開も、林遣都さんの演技力の賜物ですね。

林遣都さんはやはり、目の演技力が圧巻だと思います。また、コメディからシリアスまで幅広い役を演じており、毎回ぴったりハマっていますよね。

共演者や監督からも、「天性の役者」と絶賛されており、プロが見ても納得の演技力ということですね。

林遣都は演技下手?演技力の評判を確認!動画

林遣都さんの演技力が絶賛されている一方で、「演技が下手」という意見もあるようです。

しかし、現在の演技力では無く「昔は演技が下手だったが今は上手」という意見が多いようですね。

演技が下手だと言われたのは、2007年に主演を務めた映画『バッテリー』のようです。

この作品は林遣都さんのデビュー作で、演技未経験ながらいきなり主演作品となりました。

初めての演技ということもあり、いまよりたどたどしい演技なのは仕方がないでしょう。

この映画は、あさのあつこ先生の人気小説が原作となっており、監督は、「おくりびと」で知られる滝田洋二郎さんです。

野球一筋の少年たちがおりなす青春スポーツ映画で、林遣都さんは天才野球少年を演じていました。

主人公は、運動神経抜群ながらも、複雑な思いを抱いているという微細な演技が求められました。

林遣都さんは、見事に主人公を体現しており、少年らしい傲岸不遜さを感じられましたね。

林遣都さんはこの映画で、日本アカデミー賞など数々の新人賞に輝きました。

それくらい「バッテリー」が、ハマり役だったということですね。

これ以降、林遣都さんはしばらくスポーツ映画への出演が続いています。

映画「DIVE!!」では飛び込み選手を、「ラブファイト」ではボクシングを、「風が強く吹いている」では駅伝・・・と、毎回違うスポーツをテーマにした作品に挑んでいます。

その後、多数の作品に出演し、林遣都さんの演技力はさらに磨かれていきました。

デビューから15年を迎えた現在、出演した映画が36本で、うち12本が主演となっています。

ドラマも60本に迫るという超売れっ子で、20代はまさに役者人生だったようですね。

本人は自身の演技力に悩んだこともあり、お酒に逃げたこともあったそうです。

帰りたくなくなる日もあったり、家でも仕事場でもない場所で、吐き出せる環境を求めていたようですね。

しかし、周りの役者仲間や家族に支えられ、精進し続けることができたといいます。

林遣都の経歴まとめ!

林遣都さんは2005年、中学3年生のときに修学旅行で渋谷を訪れ、駅のホームでスカウトされます。

2007年に出年した映画『バッテリー』では、主演をつとめ、華々しく俳優デビューを果たしました。

この作品での演技が高く評価され、日本アカデミー賞、キネマ旬報ベスト・テンなどの新人賞を受賞します。

2008年からは主に映画への出演が続き、『ちーちゃんは悠久の向こう』『DIVE!!』『ラブファイト』と、立て続けに主演を務めました。

2009年には、ドラマ『小公女セイラ』で、連続ドラマ初出演を果たします。

『コヨーテ、海へ』『荒川アンダー ザ ブリッジ』『悪の教典』と、以降も数々の話題作に出演します。

大ヒットドラマ『おっさんずラブ』にも出演し、同性愛者をコミカルに演じています。

2020年6月11日放送の『世界は3で出来ている』では、林遣都さんが主演かつ唯一の出演者として、一人三役の三つ子役を演じます。

この演技が注目され、第58回ギャラクシー賞でテレビ部門大賞を受賞しました。

それ以降も数々の作品に出演し、2022年7月からは、ドラマ「初恋の悪魔」にて仲野太賀さんとダブル主演をつとめる予定です。

まとめ

今回は、林遣都さんの演技力について、紹介しました。

コミカルからシリアスな役まで幅広く演じることができ、目や表情の演技がすごい俳優さんですね。

演技が下手という意見はほとんどなく、皆さん演技力を絶賛しているようでした。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です