はじめに

こんにちは!
キャリアインターン事務局です。

本日は企業研究をするためのツールを3つ紹介します。
時間をかければかけるほど、企業理解をふかめることができます。
そうすれば自然と志望動機ややってみたい仕事も面接で話せるようになりますね。

1.企業の歴史を知ろう!

企業の歴史ページを見るとどういった背景で企業が設立され、今後どういった展開を見せていくかを予想できます。
企業の歴史を知っておくと「よく勉強している!」と面接時にも会話が弾みます。

企業の歴史ページがない場合は、創業者の言葉などを参考にしましょう。

2.事業内容を知ろう!

事業内容は以下のポイントに分解されます。

◆何を売っているのか
その企業は目に見えるモノを売っているのか、目に見えないサービスを売っているのかを知りましょう。
◆誰に売っているのか
企業に対して売っているのか、個人のお客様に対して売っているのかを見極めましょう。
◆どうやって売っているのか
対面なのかWeb上なのか、その他の方法なのかといった違いがあります。
例えば通信販売サイトは、Web上で商品を売っていますね。

3.採用ページを探そう

採用ページには新卒の学生へのメッセージや期待すること、社風などが詳細に書かれている場合がよくあります。
そのため、インターンシップ生にも読んでほしい内容となっているため、一読して企業の雰囲気を知っておきましょう!

またさらに高度な探し方として「●●株式会社 リクナビ/マイナビ」などのように就職情報サイトの名前を入れて検索すると採用ページが出てくる場合があります。

最後に

企業研究はとても奥が深いです。
研究していくと「この企業の業界のトップ企業はどこ?」「どれくらいの市場規模なの?」といろんな疑問が湧いてくると思います。

ぜひ楽しみながら研究してみてください!


本記事についてさらに「〜を知りたい」!といったご質問は「ご意見箱」までお寄せください。
今後の記事の参考にさせていただきます!