キャリアインターン|インターンシップとは

 インターンシップという言葉を聞いたことがあっても
「実際のイメージが湧かない」「アルバイトと何が違うの?」という声もよく聞こえてきます。

なので…ここでは大学生のみなさんの「インターシップとは」という疑問に答えるためにインターンシップの概要についてご説明します。

インターンシップとは

インターンシップとは「大学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」として幅広く捉えられています。
(出典:文科省「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方」)

「体験」という言葉通り、欧米諸国ではインターンシップ生を無給で受け入れる企業も多くあり、さらに大学から単位認定を受けられることもあります。

日本でもインターンシップに対する重要性は次第に認識されつつあり、欧米諸国のようにインターンシップでの無給の就業体験が単位認定されるもの、あるいは個人で企業のインターンシップに応募し有給で参加するものもあります。

給料をもらって企業で働くというのはアルバイトと似てはいますが、学生、企業、大学それぞれの立場からのインターンシップの捉え方は大きく異なります。

インターンシップの種類

インターンシップといわれているものも、働く期間や目的によって幾つかのパターンに分けることができます。
「長期インターンシップ」「短期インターンシップ」「1Dayインターンシップ」「サマーインターンシップ」など色々な呼び方をされています。

・長期インターンシップ:1ヶ月以上の期間を通じて働くタイプ。アルバイトのように給与を受け取るケースが多い。
・短期インターンシップ:1ヶ月以内、1週間以内のものから2〜3週間のタイプ。就業体験や企業理解を目的開催される場合が多く、ほぼ無給のケースが多い。
・1Dayインターンシップ:1日だけ開催されるタイプ。会社説明会に近く、企業の紹介が中心となる。
・サマーインターンシップ:おもに大学3年生が夏休みに参加するタイプ。就活に向けての情報収集や、興味の企業や業界を絞り込む参考とするケースが多い。

大学生から見たインターンシップとは

インターンシップへの目的としては、大学の単位認定授業としての参加、就職活動のための準備期間、アルバイトの延長など様々な目的があります。

実際に働く場面でみるとインターンシップとアルバイトは、勤務形態が似ているなど共通点もあります。
しかしインターンシップでは「入社1〜2年目の新卒社員が実際に担っている役割の業務レベル」が求められることが多いため、将来社会人として働く上で大きく成長することが期待できます。

目的に応じてインターンシップとアルバイトと使い分ける、ということも可能ですね!(関連ページ→知らなかった!アルバイトと長期インターンシップの違いとは?

企業・大学から見たインターンシップとは

「アルバイトと似ているならなぜ分けるの?」と思いますよね。
実は、企業側によってはインターンシップ受け入れを新卒採用の一環として捉えているところもあるんです。

インターネットの普及により手軽に求人応募ができるようになった現代では、新卒採用において入社後の企業と学生のミスマッチが問題となっています。

そこで、就職活動を始める前の学生にその企業を知ってもらうことで入社後のイメージを持ってもらう、また企業側としてはその学生がどんな人かを知ることができ、お互いをよく知るためにも有効です。

ただ、インターンシップをしたからといって入社しなければならないということではありません!
実際に企業によっては、インターンシップを通して仕事でぶつかる課題を乗り越え成長する場を作っているところもあります。

こうした観点からも、企業の理念や風土を知るきっかけになりますね。

一方大学においては、キャリア教育・専門教育の一環として捉えられている場合が多くなっています。
学生がインターンシップに参加することによって、高い職業意識の育成やその先の就職後の職場への適応力や定着率の向上を期待しています。

大学側からインターンシップへの参加を推奨されている方もいるのではないでしょうか。
教育という観点でも、インターンシップは重要な位置づけを占めていますね。

インターンシップに参加する

インターンシップへの参加方法は、基本的にアルバイトと同じで応募→面接→採用という流れで選考が進みます。興味のあるインターンシップを見つけてみましょう!

キャリアインターンTOPページ
インターンシップ募集情報検索

特徴別にピックアップ!
長期インターンシップを探す!

短期インターンシップを探す!

会社説明会・セミナーを探す!

東京のインターンシップ募集情報

関西のインターシップ募集情報

ベンチャー企業のインターンシップ募集情報