キャリア相談会〜自己分析/企業分析〜

※先着20名限定【2時間で仕事適性をジャッジできる】 寿命100年時代に「イントレプレナー=社内起業家」としての働き方を選択すべきか

※先着20名限定【2時間で仕事適性をジャッジできる】
寿命100年時代に「イントレプレナー=社内起業家」としての働き方を選択すべきか

※一般的な自己分析や企業分析といった 「就活対策」の話は一切しませんのでご了承ください。      【「イントレプレナー=社内起業家」とは】 みなさんにジャッジしていただきたい働き方とは 「イントレプレナー」です。 主に大手企業で新しい事業をスタートさせる際に 社員から抜擢、もしくは立候補して 「イントレプレナー」としてのキャリアが始まります。 彼・彼女らは企業に眠るリソースを掘り起こし、 自社の仲間を集め、打ち立てた理念達成のためにまい進します。 最近では大手、ベンチャー問わず注目されています。 【寿命100年時代に必要なキャリア選択の鍵とは】 では、なぜこの「イントレプレナー」としての働き方を みなさんにジャッジしていただきたいか。 それは、私たちは100歳まで生きることが現実的になり、 一つの会社、一つの職種で一生を終えることが難しくなっているからです。 「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」という本をご存知でしょうか。 これまでのキャリア・仕事の考え方を 転換する必要があることを解説した本です。 発売から1ヶ月で11万部を超え、いま注目されています。 そこには私たちの寿命に関する ある事実が書かれています。 ■いま20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、 60歳の人は90歳以上生きる確率が半分以上ある 寿命が延びれば引退する年齢も延びます。 60歳程度と考えられていた定年も 70歳、80歳と延びていくのが 私たちを取り巻く環境です。 この事実が指し示しているのは 「1社で定年まで働いて、引退して、余生を過ごす」キャリアが 崩壊するということです。 定年まで働いても、その後の人生が 30年以上続く可能性が高いのです。 この「寿命100年時代」においては 会社も3社であったり、営業や企画などの職種も 複数体験することを前提にしたキャリア設計が必要になります。 そのため、いまから「自分が興味がある職種は何か」もしくは 「合わない職種は何か」を知ることが 「寿命100年時代のキャリア選択」につながります。 みなさんの60年以上続くキャリア人生の中で 「イントレプレナー」を視野に入れるべきか。 2時間でジャッジしてください。

勤務地 ・新丸の内オフィス:東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビルディング14階 http://www.pasonacareer.jp/company/map_tokyo.html ・呉服橋オフィス:東京都千代田区大手町2-6-4 http://www.pasona.co.jp/area/ootemachi.html 
給与  
掲載期間 2017/01/05 - 2017/01/25 

上記のお仕事をクリップします。

すでにご登録の方は、このお仕事情報をクリップして、一発検索!
まだサイト登録していない方は?
キャリアインターンにご登録いただくと、ご応募いただいたお仕事情報をストックしたり、あらかじめ履歴書を作成しておくことができます!
まだ登録がお済みでない方は、是非この機会にご利用下さい!

登録する