就活でふと気になる女子の疑問!結婚・出産後の仕事ってどうしよう?

将来について考えてみると必ず、結婚や出産のことを考えてしまいますよね。
まだまだ先のことかもしれませんが、人生においてとても大切なライフイベントです。

ただ、結婚や出産のことばかりを見て仕事を決めてしまうのは、少しもったいないように思います。

今回は、就職後の人生プランについて考え始めた・・・という学生の皆さんに、
結婚や出産と仕事について今から知っておいて得する3つのポイントをお伝えします!

1.出産・育児に関するデータの見方をマスターしよう!

近年、女性の社会進出から産休・育休の制度が整っている企業が増えています。

そこで大切なデータが育児休業取得率と育児休業復帰率です。
これらのデータを見ることで、どのぐらいの女性が育児休業を取得して、
その後仕事に復帰しているのかを知ることが出来ます!

せっかく子育てをサポートする制度があっても、活用している人が少なければ
育休が取りにくい環境ということも考えられます。

忙しすぎたり、残業できなくなるため職場からの圧力がある可能性も(これはマタハラ、パタハラ!)。

データを見るだけでも、その企業で働くイメージがグッと湧きますよ!

2.キャリアプランを考える

結婚や出産をするときも、学生の今と同じことを考えているとは限りませんよね?
学生時代にやりたいと思っていた仕事以外の仕事をしてみたいと考える場合もあります!

産休・育休を取得するのであれば、何年目頃に取りたいか、
何年間は仕事をバリバリやりたいかなど考えておくのが◎!!

一般的には、3〜5年目が産休・育休の取得や転職をしやすいと言われています!
仕事に早く慣れてどんどん成果を出してほしい・・・
という企業側の立場になったら、それもうなずけますね。

3.その時になったら考える!

5年後、10年後になると結婚や子育てに対しての考え方も変わっているかもしれません!
就職活動をしている時に、制度ばかり見てやりたいと思ったことを
あきらめることほどもったいないことはないのです。

考えるのはその時のタイミングで構いません!
ただ、その前に準備しておくことが大切です。

それは、「貯蓄」です。

結婚・出産にはお金が必要になります。
いざという時に困ることのないように、貯蓄はしっかりしておきましょう!


とはいえ、実際に働てみないとイメージはわかないもの。うまく時間をやりくりし、子育てをしながら仕事でも活躍している先輩社員から話を聞いてみませんか?
                      →→→【女子向け】キャリア相談ができる!社員女子会カフェ